足の病気フォーラム
お問い合わせリンク足の病気フォーラム

水虫

水虫は、男女を問わない足の悩みであるといえます。感染する皮膚病でもある水虫は、自覚の無いまま感染していることも珍しくなく、治りにくいという特徴があるのです。水虫の有効な治療法とは一体どのようなものなのでしょうか? ここでは水虫の原因や治療法を紹介していきます。

水虫を治そう水虫を治そう

水虫は足に発生する皮膚病で、発病すると広範囲に渡って皮がボロボロとめくれ上がって爛れてしまいます。水虫の足は見た目が汚くなるため、発病すること自体が恥ずかしく感じる病気であるといえます。

原因

水虫の原因となるのは、白癬菌というカビの一種です。この白癬菌が足に住み着くことで水虫が発生します。白癬菌は足だけでなく身体の至る所に感染します。頭に感染すれば「白雲」、身体に感染すれば「田虫」、股に感染すれば「陰金」というように、皮膚のある所であればどこにでも感染するのです。白癬菌は、銭湯などの裸足になる場所で感染者が使った足拭きマットなどを介して感染することがあります。白癬菌の感染力は他の細菌に比べれば弱いものですが、感染者から離れても数日間に渡って生存が可能という特徴があります。この性質が、水虫を「うつる病気」にしているのです。

症状

水虫を発病すると、「足の皮膚が剥けやすくなる」「赤く爛れる」「痒みが起こる」という症状が出ます。水虫を起こしている足は、常に剥けかけた皮で白くボロボロになっていて所々が赤く爛れているのが特徴です。水虫は手にも発生することがあり、この場合は「水ぶくれ」と「皮膚全体の角質化」が起こります。足の痒みに耐え兼ねてガリガリ掻いていると、手にも白癬菌が移ってしまうことがあるので注意が必要です。

湿気は禁物

水虫が発生する一番の要因は、「湿気を帯びていること」です。特に足は、靴下や靴で覆われて汗を掻きやすいため白癬菌が増殖するための絶好の環境であるといえます。水虫は、足の湿気だけでなく大気の湿度によっても発生しやすくなります。そのため、雨が多くなる梅雨から気温が上がり汗を掻きやすくなる夏にかけての時期が、水虫の発生しやすい時期とされています。

水虫の治療法

足の水虫は、時間をかけて治療すれば必ず完治させることができます。しかし治療期間が一ヶ月以上掛かるため、どうしてもサボりがちになってしまうのが水虫治療の最大の難点であるといえます。

薬剤治療

水虫の治療は、薬剤の塗布による治療が全てです。市販されている水虫薬や病院で処方された塗り薬を、一日も欠かさずに塗り続けることが重要です。水虫の治療は、薬剤による白癬菌の駆除と足を清潔に保つことが基本となります。

民間療法の有効性

水虫に関する民間療法は、数多く存在しています。酢や摩り下ろしたにんにくで白癬菌を駆除するというものや、お茶に含まれるカテキンで治すというものなど様々です。しかし、これらの民間療法は水虫を悪化させ皮膚を酷く傷つけてしまうことがあるので、悪化した場合は専門医の指導の下で治療を受けるようにしましょう。

足の病気F 治療/症状
<a href="http://ashinof.com/" target="_blank"><img src="http://ashinof.com/img/banner.gif" alt="足の病気F 治療/症状" width="88" height="31" border="0"></a>

足の病気フォーラム

<a href="http://ashinof.com/" target="_blank">足の病気フォーラム</a>

広告掲載