足の病気フォーラム
お問い合わせリンク足の病気フォーラム

爪水虫

爪水虫は、足の水虫から派生して発生する足の病気です。しかし爪水虫は、通常の水虫よりも厄介な性質を持っています。この性質こそが、水虫の本当の恐ろしさなのです。
ここでは、爪水虫の原因や症状、その特徴や治療法などの情報を紹介していきます。

爪水虫とは

爪水虫は、爪と指の間に白癬菌が入り込むことで起こる足の病気です。皮膚の一部が変化したものと言われている爪もまた、白癬菌の影響を受けてしまうのです。もちろん、足の爪だけでなく手の爪にも爪水虫が発生します。

原因

爪水虫の原因は、水虫と同じく白癬菌によるものです。そのため、足の水虫を発病している人に多く見られます。足の水虫は、皮膚の角質層に白癬菌が感染することで発生していますが、爪水虫は爪と指の間に白癬菌が入り込み、爪の内側の角質層に生息するという性質を持っています。このため、指先よりも爪に水虫の影響が強く出るのです。爪水虫は足の爪を長く伸ばしていることや、爪の垢を掃除していないなどの不潔な状態を続けていると発生しやすいようです。

症状

爪水虫には、足の水虫に見られた痒みや爛れなどの症状は見られません。爪水虫の主な症状は「爪の変形」「爪の肥厚」「爪の剥離」「爪の変色」などの、爪の異常です。これらの症状は、複数同時に発症するため「爪全体が厚くなり爪の先がボロボロになっている」「爪が全体的に黒く変色して外側に盛り上がっている」などの状態になることがあります。爪の剥離が酷い場合、「根元以外は薄皮のような爪が残った状態」になってしまうことがありいっそのこと爪全体を剥いでしまいたい気持ちになること請け合いです。また、手の爪水虫で爪の剥離が起こると爪が薄くなった分だけ痛みを感じやすくなるという症状が出ることもあります。

水虫と糖尿病

爪水虫や水虫は、糖尿病の患者にとっては命取りになる場合があります。爪水虫や水虫は足の皮膚が傷つきやすくなるため、細菌感染を引き起こすことがあります。この細菌感染は糖尿病患者にとっては大変危険なもので、場合によっては足に壊疽が起こり足の切断をしなければならなくなることがあるのです。必ずしも水虫を起こしている糖尿病患者が足の壊疽を起こすわけではないのですが、リスクが高まるものと考えられています。

爪水虫の治療法

爪水虫の厄介な所は、「塗り薬で治せない」という性質を持っていることです。爪と指の間に白癬菌が入り込むため、塗り薬が爪に塞き止められてしまうのです。

治療の実際

爪水虫は白癬病に効果のある抗真菌薬を内服して治療します。爪水虫の治療に使用される抗真菌薬には、テルビナフィンなどがあります。しかし、抗真菌薬の内服剤は使用を続けると肝臓や血液に副作用が現れることがあります。そのため、医者の指導の下で処方された薬を使用することになります。内服薬での治療は、半年から一年の長期に渡って行われます。

塗り薬での治療

内服薬での治療を行なう際には、塗り薬での水虫の治療を同時に行なうようにします。爪水虫の原因となる白癬菌は足の皮膚から拡大感染したものなので、足の治療を同時に行なうことで治療効果が高まります。

足の病気F 治療/症状
<a href="http://ashinof.com/" target="_blank"><img src="http://ashinof.com/img/banner.gif" alt="足の病気F 治療/症状" width="88" height="31" border="0"></a>

足の病気フォーラム

<a href="http://ashinof.com/" target="_blank">足の病気フォーラム</a>

広告掲載