足の病気フォーラム
お問い合わせリンク足の病気フォーラム

巻き爪

巻き爪は、近年発症している人が増加している爪の疾患です。特に足の爪に起こりやすく、転びやすさを高めるという困った効果を持っています。
巻き爪はどのような原因でおこるのか、どうすれば治るのでしょうか。巻き爪の原因や症状、治療法などを紹介していきます。

巻き爪とは

巻き爪は「彎曲爪」ともいい、爪の両端が中心に向かって曲がっていく足の病気です。巻き爪を起こすと下から爪を持ち上げるように変形していくので、場合によっては指を傷つけることがあります。

原因

巻き爪の主な原因は「爪の切り方」や「合わない靴を履き続ける」ことなどがあります。また、足の指をぶつけることでも巻き爪を起こす場合があります。爪の切り方は、巻き爪の原因の中でも大きな比重を占めていると考えられています。端を丸く切ったり深爪をしたりすると巻き爪を起こしやすいといわれています。最近はネイルアートの流行で爪を長く伸ばす傾向にあることも巻き爪を起こす原因になっていると考えられています。また、爪を伸ばすことで靴のサイズに合わせづらくなり、巻き爪を起こすことがあります。

症状

巻き爪によって起こる症状は、「指先の痛みや出血」「転びやすくなる」などがあります。巻き爪によって、爪で守られている組織が圧迫されて痛みを感じたり爪の端が刺さったりすることがあるのです。足の巻き爪は特に親指に起こることが多いのですが、足の親指は歩行の際のバランスを制御するための目標となっています。そのため、巻き爪を起こした足は親指の感覚を失い、バランスの制御を難しくしてしまうのです。

巻き爪の治療法

巻き爪は、爪を持ち上げるほどに酷くなると手術で対処することになりますがある程度の状態であれば、自分で治療することが出来ます。

コットンパッキング法

コットンパッキング法は小さくちぎった綿花を爪の端に入れていくことで、痛みを軽減させる方法です。爪が柔らかくなる入浴後に、先が細いピンセットを使って差し込んでいくのが基本です。根治治療法というわけではないことと、綿花の量を多くしすぎると爪が割れるなどデメリットがあります。

やすりを使う方法

模型用やすりや爪やすりなどを使って、爪の端に近い部分を削って薄くし端に掛かる力を分散させて治す方法があります。簡単に出来る治療法ですが、薄く削った部分が割れたり、変形したりするなどのデメリットがあります。

弾性ワイヤー矯正法

弾性ワイヤー矯正法は爪がある程度伸びている場合に行なえる治療法です。やり方は、爪の左右の端の手前あたりに穴を開けて形状記憶合金製のワイヤーを通し、持続的に爪を持ち上げるという方法です。形状記憶合金ワイヤーは、病院では1本5000円ほどで取り扱っているためか、安価な釣具用の形状記憶合金ワイヤーを使って自力で施術する人も少なくないようです。

プレート矯正法

プレート矯正法はワイヤーでの矯正法と同じく、病院で施術される巻き爪の治療法です。形状記憶素材で作られたプレートを爪に貼り付けて、一定の圧力を加えさせることで爪の端を持ち上げることを目的とします。デメリットは、使用するプレートが保険適応外なので高く付くということです。

手術

巻き爪に対する外科手術は、基本的に爪を生み出す細胞である爪母の部分除去を目的として行われます。爪母の部分除去を目的として行なわれる手術には、「鬼塚法」「フェノール法」がありますが、爪母が再生してしまうことがあるのが欠点といえます。また、あまりにも巻き爪が酷く化膿を起こしている場合などには、爪を剥がすことがあります。しかし、爪を剥がしても根治するわけではないのでアフターケアで矯正していく必要があります。

足の病気F 治療/症状
<a href="http://ashinof.com/" target="_blank"><img src="http://ashinof.com/img/banner.gif" alt="足の病気F 治療/症状" width="88" height="31" border="0"></a>

足の病気フォーラム

<a href="http://ashinof.com/" target="_blank">足の病気フォーラム</a>

広告掲載