足の病気フォーラム
お問い合わせリンク足の病気フォーラム

偏平足

偏平足という言葉をよく耳にしますが、偏平足の実態を完全に把握している人はそう多くはないのではないでしょうか。
偏平足とは、「どのような病気」で「どのようにしておこるのか」、「どのような悩みがあるのか」、「どうすれば治るのか」などの情報を紹介していきます。

偏平足とは?

偏平足は、足の裏に凹凸が無く平らな状態になっている足のことを言います。本来ならば、足には凹凸があり「土踏まず」と呼ばれる凹んだ部分が存在しています。しかし、偏平足の人には土踏まずが見られないという特徴が在ります。

原因

偏平足の原因には先天性と後天性があります。本来、人間は8歳くらいまで偏平足の状態ですが、成長するにつれて土踏まずが形成されていきます。しかし、遺伝的要因などの先天性の原因を持っていると土踏まずの形成が阻害されて、偏平足のまま成長することがあります。後天的な原因には、足の骨折などで骨格が正常な状態で無くなった場合に偏平足が起こることがあります。また、スポーツ選手などの足が発達した人にも偏平足が見られる場合があります。

症状

偏平足の主な症状は、「歩行障害」「足裏の痛み」「足の関節障害」「膝や股関節の関節障害」などがありますが、大多数の人は無症状である場合が多いといえます。偏平足は足の骨格自体が変形しているため、飛んだり走ったりするような足の骨格で衝撃を吸収する必要がある競技が苦手であるケースが見受けられます。基本的には偏平足の弊害は稀なケースであると考えてよいようです。

外反偏平足

偏平足の中でも最も状態が良くないのが「外反偏平足」です。外反偏平足は、踵にある距骨が周辺の骨格と不安定な状態になっていることで発生するもので、強い歩行障害を伴います。そのため、走ることが上手に出来ないため運動が苦手になるなどの特徴が見られます。

偏平足の治療・予防

偏平足は先天的な原因であっても後天的な原因であっても、症状を大きく改善させることが出来ます。

運動療法

偏平足の治療法の中心となるのが運動療法です。元々、土踏まずは足の筋肉が発達することで作られていくものなので、足の筋肉を鍛えることで偏平足を改善することが出来るというわけです。子供の偏平足は裸足で歩かせたり、運動させたりすることで自然に改善されていきます。大人の偏平足の場合は、足の指で物を摘む訓練が最適です。足の指で握ると、土踏まずの部分の筋肉が刺激されて偏平足の改善に効果を発揮します。

靴の中敷

靴の中敷(インソール)を偏平足に対応したものに変えるのも効果的です。中敷の交換は、偏平足の改善に効果があるというわけではなく疲労の軽減などに効果があるものです。しかし、運動をする場合には必要なものであるといえます。

装具の着用

外反偏平足が重症の場合、専用の装具を付けて症状の改善を図ります。偏平足用の装具は靴型のものと、乳幼児に見られる偏平足による股関節脱臼を改善するための「リーメンビューゲル」という下半身に装着するものがあります。

足の病気F 治療/症状
<a href="http://ashinof.com/" target="_blank"><img src="http://ashinof.com/img/banner.gif" alt="足の病気F 治療/症状" width="88" height="31" border="0"></a>

足の病気フォーラム

<a href="http://ashinof.com/" target="_blank">足の病気フォーラム</a>

広告掲載